ランドセルの使用後

ランドセルを購入するさいに迷うポイントとしてよく挙げられる理由の1つとして、6年間も使用するかどうか分からないものに高額な金額を払うのに躊躇する気持ちが少なくないようです。

しかし2・3年使用した後に各々自分好みの鞄に変えてしまうといった風潮があった時とは違い、不景気になって物を大切にする現在は6年間ランドセルを使用する割合もまた増えています。

6年間の通学で毎日使用していたランドセルには小学生の思い出がたくさん詰まっているものとして身近なものとなっていると思いますが、卒業とともに使用しなくなるランドセルを皆さんはどうしているのでしょうか。

思い出がたくさん詰まっているものだからこそ、簡単に処分できずそのまま大切に保管している人も少なくないようですが、やはり大きなものなので困ってやむなく処分するといった意見も多く聞きます。

そんな人向けに、使用していたランドセルの革を使用して小さいランドセルを作るというものが人気が出ているようです。

精巧なものとしては、実物の定番のランドセルいたキズの場所を再現して施し、本物そっくりに作りかえるというものもあり、決して安価ではないものの、子供記念にと作成して丁寧に保管してあげるという親も増えているようです。